痛み止めを飲むと胃痛が起こるのはなんで?

胃が痛くなるのは副作用によるものです。

 胃痛

痛み止めを飲んで胃が痛くなったという経験はないでしょうか?

それは痛み止めの副作用によるものでしょう。

 

痛み止めとは、一般的に非ステロイド性抗炎症薬のことを指します。

非ステロイド性抗炎症薬は炎症を抑え、熱を下げ、痛みを和らげる作用があります。

ただし、これらの薬は痛みを抑えると同時に胃の粘膜を保護できなくなってしまいます。

このことが胃が痛くなる原因となります。

 

副作用を低減するために市販薬のメーカーはいろんな対策を考えています。

例えば、バファリンAは胃への負担を和らげる成分を加えることで、副作用が出にくくなっています。

胃痛が気になる方には、さらに胃の負担をおさえたバファリンプレミアムをおすすめします。

バファアリンに比べると値段は少し高いですが、「乾燥水酸化アルミニウムゲル」が胃を保護してくれる為、より胃痛を和らげる効果が期待できます。

それでも人によっては、副作用をなくせるわけでありません。

その場合は胃薬を一緒に服用するか病院で処方してもらいましょう。

トップへ