Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/snaflot/medicine-helper.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ACE処方の市販薬を徹底比較!おすすめの薬は?

ACE処方とは、A アセトアミノフェン、C カフェイン、E エテンザミドの頭文字からこのように呼ばれています。

いずれの成分も解熱や鎮痛に効果がある成分です。

加えて、他の解熱鎮痛薬(NSAIDsなど)に比べて、胃を荒らす副作用も少ないのが特徴です。

 

ACE処方の市販薬は、たくさん発売されているので、どの薬が自分の症状に最も適しているのか分かりづらいのではないでしょうか。

そこで今回は、どの薬を選べば良いか?成分の観点から、おすすめの薬を紹介していきたいと思います。

まずは、こちらの表をご覧下さい。

 

薬名用法・用量間隔眠気
ヅシチン錠 A1回2錠、1日2回6時間なし
サリドンエース1回2錠、1日2回6時間あり
ノーシンホワイト1回2錠、1日2回6時間なし
新セデス錠1回2錠、1日3回4時間あり
ナロン錠1回2錠、1日3回4時間あり
ハッキリエースa1回1包、1日3回4時間なし
ノーシン錠1回2錠、1日3回4時間なし
新リングル1回2錠、1日3回4時間あり
薬名総合ACE
ヅシチン錠 A78530035450
サリドンエース77022050500
ノーシンホワイト74030060380
新セデス錠64016080400
ナロン錠61526550300
ハッキリエースa53523075230
ノーシン錠53030070160
新リングル30815025133

※数値は1回の服用に含まれる成分の量で、単位はmgです。いずれも指定第2類医薬品になります。

 

使用している成分はほとんど同じでも、量に違いがあることが分かりました。

それでは、成分の含有量を参考に、解熱や痛み止めに高い効果を期待できる薬を紹介していきます。

 

【眠くなる成分なし】効果の高いACE市販薬は?

ノーシンホワイト

ノーシンホワイトが、アセトアミノフェンとエテンザミドの含有量が多く、痛み止めや解熱の効果が高いといえそうです。

ヅシチン錠Aも含有量は最も多いのですが、残念ながら取り扱い店舗が少ないので、ノーシンホワイトをおすすめとしました。

尿素系の眠くなる成分を含まないため、仕事前などに飲むときにおすすめです。

 

もし、ノーシンホワイトでは効果がでないのであれば、ACE処方が合わない体質や症状であることも考えた方がいいかもしれません。

また、1日3回使えるタイプがよければ、粉末ならハッキリエースa錠剤ならノーシン錠がよいでしょう。

 

【眠くなる成分あり】効果の高いACE市販薬は?

サリドンエース

サリドンエースです。メーカーはロキソニンSでおなじみに第一三共ヘルスケアです。

尿素系の成分が含まれていて、かつアセトアミノフェンとエテンザミドの含有量が多かったのがポイントです。

夜、痛みがつらくて寝るのが大変なときも、眠くなる成分が睡眠の手助けになるかもしれません。

カフェインも含まれているので、過信は禁物ですけどね。

 

まとめ

可能であれば、朝は眠くなる成分なし夜は眠くなる成分ありで使い分けてみると良いかもしれません。

例えば、朝はカフェインも多めなノーシンホワイト、夜はサリドンエースでぐっすりなど。

今回はなるべく客観的に判断できるように、成分の含有量に注目しておすすめの薬を選んでみました。実際には、効き目が強ければ良いというわけでもないと思います。

最終的には自分にあった薬は、実際に飲んで効果を確かめて、選んでいくことが大切です。

トップへ