Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/snaflot/medicine-helper.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

アセトアミノフェンの市販薬

アセトアミノフェンは、頭痛解熱寒気などの症状を緩和する働きをもつ成分で、多くの風邪薬や痛み止めなどに使われています。

また、解熱鎮痛剤に使われる成分の中でも、副作用は穏やかで、最も安全性に優れているという特徴があります。

 

反面、他の市販薬に比べて解熱鎮痛効果は低いと言われています。そのため、他の成分と配合することで、効果を高めることが一般的です。

それでは、アセトアミノフェンを主成分にした市販薬を3種類に分けて紹介していきます。

アセトアミノフェン単一処方

タイレノールA

まずは、アセトアミノフェンのみを有効成分にした市販薬を紹介します。

 

アセトアミノフェンのみの市販薬

アセトアミノフェンのみの市販薬には、タイレノールAラックルがあります。

どちらもアセトアミノフェンの含有量は300mgで同一です。その他の添加物に違いはありますが、大きな効果や効能はほとんど同じと考えてよいでしょう。

 

タイレノールFDは販売中止になってしまいました。 また、小児用には、小児用バファリンチュアブルやバファリンルナJなどがあります。

 

アセトアミノフェン単一処方が適している人

アセトアミノフェン単体での解熱鎮痛効果は、比較的おだやかなです。軽度の頭痛や痛みに適しています。

眠くなる成分は含まれていないので、痛みがでて困る大事な用事の前に飲んでおいてもいいでしょう。

 

最大のメリットは、胃に対する負担が少なく空腹でも飲むことができます。

後に紹介するアスピリンアテンザミドなどは、アスピリン喘息を引き起こす可能性が高い成分ですが、アセトアミノフェンはこのようなリスクが低い特徴もあります。

 

アセトアミノフェンの短所

アセトアミノフェンは、炎症をともなう痛み(赤くはれて痛む)には効果が低いので、注意しましょう。

例えば歯痛は炎症を伴う痛みなので、アセトアミノフェン単体よりは、次に紹介するACE処方かACC処方の薬、またはロキソニンSなどの方が向いていると言えます。

歯痛
ロキソニンSは歯痛に効果ある?
続きを読む

 

アセトアミノフェンの処方薬は?

病院の処方薬としては、カロナールが有名です。カロナールは、タイレノールAなどと同じくアセトアミノフェンの単一処方になります。

カロナールはアセトアミノフェンの含有量の違いによって種類がいくつかあります。カロナール錠300はタイレノールAと同様にアセトアミノフェン300mgによって、調合されているため同じ効果が期待できます。

処方薬のコカールもアセトアミノフェン200mgを含む錠剤です。

 

医者も認めるアセトアミノフェンの市販薬

man_doctor_point_s

カロナールやコカールで実績があるためかアセトアミノフェンは、医師からの信頼が高く、書籍やインターネット上の記事でも医師はアセトアミノフェンの単剤を奨めているケースを良く見かけます

反対に、総合感冒薬は害悪であると医師が主張されることが多いようですね。

総合感冒薬は「風邪のときに、とりあえずこれを飲めば大丈夫」という意味では患者にやさしいとも言えます。ただし、過剰な成分によって副作用のリスクも高まる、と多くの医者からは考えられているようです。

 

 

ACC(エーシーシー)処方の市販薬

A アセトアミノフェン

A アスピリン

C カフェイン

 

それぞれの頭文字をとって、AAC処方と呼ばれています。

単一処方では、効果があまり高くないアセトアミノフェンに、アスピリンとカフェインを加えることで、解熱鎮痛効果を高めています。

ACC処方の市販薬には、次のような薬があります。

・バファリンプラス ※2014年3月に出荷終了

・エキセドリンA錠

・サリドンエース

※各成分の含有量はそれぞれ異なり、ACC以外の成分を配合していることもあります。

ACC処方は古い?

上でも記載したようにバファリンプラスは2014年3月で出荷終了しました。

バファリンプラスの代わりにバファリンプレミアムという商品が2014年2月に新しく発売されています。

新しいバファリンプレミアムでは、アスピリンを使わずに同じNSAIDsのイブプロフェンが配合されています。

アスピリンを基本にした市販薬は元々多くはなかったのですが、益々減っていく傾向にありそうです。

アスピリン喘息などの副作用によるところが大きいのかもしれません。

バファリンプレミアム
バファリンプラスが進化したバファリンプレミアムの成分と効果
続きを読む

 

ACE(エーシーイー)処方の市販薬

A アセトアミノフェン

C カフェイン

E エテンザミド

 

ACE処方では、ACC処方のアスピリンの代わりにエテンザミドが配合されています。

エテンザミドはアスピリンと同程度の鎮痛効果があり、胃腸障害の副作用も比較的おだやかな成分です。

ACE処方の市販薬には、次のような薬があります。

サリドンエース
ノーシンホワイト
ヅシチン錠 A
新セデス錠
ナロン錠
ハッキリエースa
ノーシン錠
新リングル

ACE処方の市販薬を徹底比較!おすすめの薬は?
続きを読む

 

まとめ

アセトアミノフェンは、副作用が少なく、安全に飲めるのが最大の強みです。

有効成分が多いと、副作用のリスクも高まるため、まずはアセトアミノフェン単一処方(タイレノールAなど)から試してみると安心できます。

タイレノールAでは、効き目があまり感じられない場合や、強烈な痛みにはACC処方やACE処方の薬を試してみてはいかがでしょうか。

 

トップへ