Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/snaflot/medicine-helper.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

のどの痛みに最適!新薬コルゲンコーワ鎮痛解熱LXa

コルゲンコーワLXa

風邪をひいて、のどが赤くはれてしまうと、声を出すのもしんどくなります。

食事をしたり、つばを飲み込むだけで、痛みがでるような場合もあるでしょう。

 

そんなのどの痛みに効果的な市販薬、コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaが、2015年7月に発売されました。

成分と効果を中心に、コルゲンコーワ解熱LXaが、どのような特徴をもった薬なのか解説していきます。

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaの概要

コルゲンコーワ解熱鎮痛LXaは、「第1類医薬品」に分類されるとても効果の高い薬です。15歳未満の子供は服用できません。

第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の違いとは?
続きを読む

薬の名前にもあるとおり、

・痛みをおさえる効果

・熱を下げる効果

どちらにも効果がありますが、どちらかというとのどの痛みに効果的な薬といえます。

それでは、各成分がどのようなはたらきをするのか、見ていきましょう。

 

成分と効果

コルゲンコーワ解熱鎮痛LXaは、2つの有効成分があります。

各成分の効果と副作用について、解説していきます。

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、のどの炎症をおさえる成分です。

出血をおさえる特性をもっているため、「のどの痛み」や「はれ」をおさえる効果が期待できます。

 

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で美白効果もあることから、美容サプリなどにも配合されています。

安全性が高く、副作用がほとんどない特徴もあります。

 

ロキソプロフェン

ロキソプロフェンは市販の痛み止めでは、トップクラスに効き目の高い成分です。

NSAIDsという種類の成分として、イブプロフェンも有名です。

どちらも「熱下げる効果」「全身の痛み止め」に有効です。

ロキソプロフェンは、痛み止めに関しては、イブプロフェン以上に高い効果を発揮します。

 

ロキソプロフェンで有名な薬には、ロキソニン(市販薬はロキソニンS)があります。

非常に効果の高い痛み止めとして、当サイトでも紹介しています。

 

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaには、ロキソニンSと同じ量(68.1mg)のロキソプロフェンが配合されています。

ロキソニンSは、ロキソプロフェンのみの薬ですが、コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaは、前述のトラネキサム酸を配合することで、痛み止めとして更に高い効果が期待できます。

 

 

ロキソプロフェンの副作用

副作用として、胃が荒れやすい特徴があります。

個人差があるため、すべての人に症状があらわれるわけではありませんが、胃が弱い人は胃薬と併用すると安心できます。

実際に処方薬ロキソニンは、胃薬とセットで処方されます。

 

のどの痛みがそこまで強くなく、解熱効果のみを求めている人は、アセトアミノフェン単体の薬が適しています。

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaも副作用が少ない薬ですが、アセトアミノフェンは胃があれる心配も少ない薬です。

アセトアミノフェンの市販薬
続きを読む

 

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaの公式サイト情報

効果・効能
用法・用量
成分・分量
服用できない人

まとめ

コルゲンコーワ鎮痛解熱LXaは、特にのどの痛みをやわらげる効果の高い薬です。のどの痛みに困っている人には、最適な薬と言えます。

総合感冒薬のように、余計な成分は配合されていないので、副作用も比較的少ない特徴があります。

 

ただし、せき止めに対する即効性はありません。

長期的に見れば、のどの炎症をおさえることで、せきも楽になってきますが、せきがつらい人は、のど飴やのどスプレーと併用すると、より早く治せるので検討してみてください。

トップへ