ノーシンピュアの成分・効果・副作用

ノーシンピュア

ノーシンピュアは生理痛頭痛などの痛み止めと、熱を下げる効果のある薬です。

効果や副作用などの特徴について、有効成分の観点から説明していきます。

ノーシンピュアの成分と効果

ノーシンピュアは、次の3つの有効成分が配合されています。

有効成分 含有量/1回 効果
イブプロフェン 150㎎  鎮痛・解熱
アリルイソプロピルアセチル尿素 60㎎  情緒安定
無水カフェイン 80㎎  痛み止め補助

ノーシンピュアの有効成分のうち、痛み止めと解熱効果に最も重要なのがイブプロフェンです。

その他2つの成分は、イブプロフェンの働きを促進する作用があります。

市販の解熱鎮痛薬の中でもイブプロフェンは、痛み止めとして非常に効果の高い成分です。

痛みや熱の原因物質(プロスタグランジン)ができるのをすばやく抑えるため、ノーシンピュアは生理痛頭痛歯痛などの痛み止めや解熱にとても効果的です。解熱効果がありますが、熱がないときに飲んでも問題ありません。

アリルイソプロピルアセチル尿素は、イライラ感をしずめる働きもあるため、生理痛のときの情緒を安定させる効果も期待できます。ノーシンピュアが生理痛の薬として人気なのが、この成分によるものです。

無水カフェインは、眠気や頭の重い感じを和らげるため、鎮痛の補助効果として作用します。コーヒーなどに入っているカフェインと同じ効果があります。

ノーシンピュアの副作用

ノーシンピュアの有効成分イブプロフェンは、痛み止めの効果が高いと同時に、副作用も比較的おだやかな特徴があります。

頭痛薬で有名なバファリンAに含まれるアスピリンに比べると、胃に対する負担は少ないと言われています。

 

注意点として、アリルイソプロピルアセチル尿素は、痛み止めの効果を高めると同時に、眠くなる副作用があります。カフェインには反対に覚醒効果はありますが、相殺されるほど強力ではないため、トータルでは眠気作用の方がやや上回るでしょう。

カフェインが80mg含まれていますが、カフェインの摂取量は1日400mg未満が望ましいとされています。出典:欧州食品安全機関(EFSA)

摂取上限には到達しませんが、コーヒーなどカフェインが多い飲食物を摂りやすい人は、注意が必要です。カフェインなし市販薬を選んでもいいでしょう。

>>ノーシン ブランドの薬を徹底比較

眠くなる成分を含まない薬は?

ノーシンピュアと同じイブプロフェン配合の、眠くなる成分を含まない市販薬を紹介します。

同じノーシンシリーズの中では、2015年3月に発売されたノーシンアイ頭痛薬があります。

頭痛薬と名前がついていますが、特に頭痛に特化した成分が含まれているわけではありませんので、生理痛に対してノーシンピュアに劣るわけではありません。

 

ノーシンアイ頭痛薬に含まれるアセトアミノフェンは、痛み止めと解熱効果のある成分で、胃に対する負担はイブプロフェンよりさらに少なくなります。

イブプロフェンと配合されることで、相互作用により鎮痛効果も高くなると言われています。

ノーシンピュアと効果も遜色なく、用法・用量は同じです。運転などをする予定があり、眠くなると困る場合には検討してみてはいかがでしょうか。

 

ノーシンピュアの効能・効果
ノーシンピュアの用法・用量
ノーシンピュアの副作用

 

ノーシンアイ頭痛薬の効能・効果
ノーシンアイ頭痛薬の用法・用量
ノーシンアイ頭痛薬の副作用
トップへ