ノーシン ブランドの薬を徹底比較

ノーシンは、頭痛や生理痛をはじめとした全身の痛み止めと、熱を下げる効果のある解熱鎮痛薬です。

ノーシンの名前がつくノーシンブランドは、現在9種類が市販されています。

9種類もあるため、販売元アラクスのサイトを見ても、違いが簡単には分からない人も多いのではないでしょうか?

それぞれの製品は、成分と形状の違うため、薬を服用する状況や目的にあわせて、適切な薬を選ぶことが大切です。

まずは「錠剤・カプセル」「粉末」「子供用」の大きく3種類に分けて紹介していきます。

形状は、吸収の早さに若干の差はありますが、効果に影響はありません。基本的には自分が飲みやすい形状を選ぶといいでしょう。

錠剤・カプセル

錠剤は、市販薬の中で最も人気のある形状です。

ノーシン ブランドの錠剤・カプセルは5つの製品があります。

それでは、錠剤・カプセルの薬を、特徴ごとに紹介していきたいと思います。

 

眠くなる錠剤・カプセル薬

ノーシン ブランドで、眠くなる成分が含まれている薬は、ノーシンピュアだけです。

車などの運転は控えるように注意しましょう。

ただし、覚醒効果のあるカフェインも含まれているため、日中に飲んだらとたんに眠くなるというほどではありません。

アリルイソプロピルアセチル尿素は、イライラ感を抑えるはたらきもあるため、生理痛には効果的です。

参考記事:ノーシンピュアの成分・副作用

 

製品情報

 

眠くならない錠剤・カプセル薬

眠くなる成分を含まない、錠剤・カプセルは4製品あります。

その中でも、1日の服用回数・持続時間別に分類してみました。

ご自身の生活スタイルに適した持続時間の薬を選ぶといいでしょう。

 

1日3回限度 服用間隔4時間以上の薬

1日3回が限度で、1回ごとの間隔を4時間以上あけて飲む錠剤は、

ノーシンアイ頭痛薬ノーシン錠があります。

 

製造元が4時間以上あけることを推奨しているということは、効果が4時間ほどで失われるという意味もあります。

例えば、朝の8時に薬を飲んで、12時頃には効果がなくなるということを考えてみましょう。

ランチ後に2回目を飲めるので、丁度いいと考えるか、短すぎると考えるかは、皆さんのライフスタイル次第です。

もし持続時間が短すぎるという場合には、6時間の薬を検討してみてください。

 

抗生物質とは違い、1日3回飲まなくてはいけないわけではありません。

痛み止めや解熱が目的なので、2回目以降はあくまで症状が再発した場合に飲むようにしましょう。

 

ノーシン錠は、カフェインを含んでいるため、覚醒効果のある就寝前に飲むことはあまり向きません。

就寝前に飲む場合には、ノーシンアイ頭痛薬を検討してみましょう。

ノーシンアイ頭痛薬は、頭痛薬と名前がついていますが、特に頭痛に特化した成分が含まれているわけではありません。

イブプロフェンとアセトアミノフェンという副作用のリスクが少ない成分が、うまく配合されています。

 

歯痛や打撲など炎症を伴うような痛みには、アセトアミノフェンの効果は低いため、次に紹介するノーシンエフ200あたりを選ぶといいでしょう。

 

 

 

1日2回限度 服用間隔6時間以上

1日2回を限度として、6時間以上は間隔をあける必要がある薬は、

ノーシンエフ200ノーシンホワイト錠です。

上で紹介した1日3回限度の薬に比べて、成分や含有量の違いから、痛み止めの効果は強い傾向にあります。

反面、副作用も現れる可能性があります。

強烈な痛みであったり、持続時間が4時間では足りない場合には、検討するといいでしょう。

ノーシンエフ200は、ノーシンブランド唯一のカプセルになります。

カフェインを含まないため、就寝前に飲むには適していると言えます。

また、2014年5月に発売された新しい部類の薬ですが、有効成分イブプロフェンは何十年も歴史のある薬なので、心配はいらないでしょう。

 

 

粉末・細粒

粉末は、錠剤やカプセル以上に吸収力に優れているため、効き目が表れまでの時間が早い特徴があります。

粉末を飲むことに抵抗がなければ、粉末タイプの薬を選んでもいいでしょう。

ノーシンの粉末・細粒タイプは、3製品がありますが、いずれも有効成分は同じです。

アセトアミノフェン、エテンザミド、カフェインによるACE処方と呼ばれることがあります。

 

3製品ともにカフェインを含むため、就寝前に飲むには適しません。

ノーシン散剤とノーシン細粒は、成分を含む量もまったく同じです。

 

1日3回限度 服用間隔4時間以上の粉末・細粒

ノーシン散剤ノーシン細粒があります。

 

2つの薬は、成分と含有量がまったく同じです。

ノーシン散剤はコストパフォーマンスに優れた製品です。

ノーシン細粒は散剤をさらに細かく改良しているため、苦みがなく、吸収力が早い特徴があります。

 

1日2回限度 服用間隔6時間以上の粉末・細粒

粉末・細粒の中では、効果が強い薬が、ノーシンホワイト細粒です。

ノーシン散剤、ノーシン細粒に比べて、エテンザミドの量が3倍近くに増えているため、鎮痛効果は高い傾向にあります。

 

 

 

子供用

7歳~14歳の子供も飲むことができる薬は、小中学生用ノーシンピュアになります。

その他のノーシン ブランドの薬はすべて15歳以上の大人からでないと飲むことができません。

 

まとめ

お探しの薬は見つかりましたか?

薬はむやみに服用するべきではありですが、適切に服用する限りでは、目的別にいくつかの薬を使い分けてみてもいいかもしれません。

同じ成分の薬を長期間飲み続けると、効果が弱まったり、副作用のリスクが高まる可能性があります。

もし、複数の薬を飲む場合には成分に注目して、違う種類の成分の薬を選んでみてもいいでしょう。

トップへ