咳止めにオススメの市販薬はこれだ!

咳が止まらないと寝付けなかったり、苦しいですよね。

そんなときには、市販薬の咳止めを使うのも一つの手だと思います。

咳の症状別にオススメの市販薬を紹介していきます。

 

まずは医薬品の前に

咳止め市販薬の前にまず試してもらいたいのが、龍角散ののどすっきり飴です。

私はのどがイガイガし始めたらすぐに龍角散ののどすっきり飴をなめるようにしてます。

個人的には、初期の段階であれば、これだけで悪化する前に症状を抑えることができることが多いのでぜひオススメしたいです。

 

のど飴としては少し価格が高めですが、他ののど飴とは効果が全然違うと思います。

市販薬に比べれば、コストパフォーマンスも全然良いですよね。龍角散の独特の味が苦手でなければ、のど飴の中では最強だと思います。

 

ただし、せきが本格的に出始めた場合には市販薬や病院で対応すると良いでしょう。

咳の種類によって、有効な成分も違ってきますのでタイプ別に咳止めをご紹介していきます。

 

ちなみに「龍角散ダイレクト トローチマンゴー」という医薬品があるのですが、個人的にはこちらはあまりオススメできません。

効き目もそこそこで、飴に比べてすぐに口の中でとけてしまう為、コストパフォーマンスも良くないです。

 

「ゴホゴホ」にオススメの咳止めは?

「ゴホゴホ」という咳にはたくさんの市販薬が販売されていますが、その中でも特に効果が高いのが新エスエスブロン錠エースです。

新エスエスブロン錠エースは、せきたんに効果的な医薬品です。

指定第2類医薬品に分類されるので、他の市販薬と比べても比較的強い効果が期待できます。

 

有効成分のジヒドロコデインリン酸塩がつらい咳の中枢に作用して、せきの発生をおさえます。

他のエスエスシリーズにはない特徴として、 L-カルボシステインはたんを薄めて切れを良くする非常に優れた成分です。

服用後にたんを積極的に出すようにすると、治りも早くなりますよ。

 

「ゼーゼー」「ヒューヒュー」にオススメの咳止めは?

「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というたんが原因でない咳の場合には、まずは病院で受診されることをオススメします。

「ゴホゴホ」の咳と違って、喘息の疑いなどもあります。

その上で、どうしても市販薬で有効なものをお探しであれば、大正 ヴィックスヴェポラッブを一度試されることを検討してみてください。

 

風邪の諸症状に有効な医薬部外品ですが、のどに塗ることで呼吸を楽にする働きがあります。

子供にも利用できるため、子供が処方薬をどうしても飲んでくれないなどでお困りの場合には医師と相談の上、試されると良いでしょう。

トップへ