【アレルギー性鼻炎】鼻水、鼻づまりにオススメの点鼻薬

鼻づまり

鼻水、鼻づまり、くしゃみは、アレルギー性鼻炎の代表的な症状です。

アレルギー性鼻炎には、花粉症やハウスダストなどの原因が考えられます。

風邪とは違い、鼻水が透明でさらっとしているのが特徴的です。

いつまでも止まらない鼻水や鼻づまりなどの症状をおさえるのに有効な市販薬を紹介していきます。

アレルギー性鼻炎には、予防と対処の段階があります。

今回は症状が出てしまってからの対処、症状の緩和に重点をおいた商品を紹介しています。

内服薬(飲み薬)と点鼻薬(スプレーなど)の違い

アレルギー性鼻炎向けの市販薬には、飲み薬とスプレータイプの点鼻薬が主流です。

点鼻薬は、直接炎症している部位に噴射できるため、より少量の利用でも効果が期待できます。

飲み薬に比べて副作用も少なくより安全に利用できる傾向にあります。

また、即効性の高い

今回は市販の点鼻薬にしぼって、薬を紹介していきます。

点鼻薬の主な種類

市販の点鼻薬は成分の違いから、大きく4種類に分けることができます。

  • 第1世代抗ヒスタミン薬
  • 第2世代抗ヒスタミン薬
  • 血管収縮剤
  • ステロイド剤

それぞれの点鼻薬の特徴を解説してきます。

1. 第1世代抗ヒスタミン薬

名前の通り古い薬で、眠気、口の乾き、利尿作用、集中力の低下などの副作用が強いため、最近はあまり処方されていません。

市販薬も他の成分の種類に移行しています。

長い実績があるため、安全性が低いわけではありませんが、強い眠気が出るため日中の使用には適していません。

鼻のかゆみなどが気になって眠れないというときに、ピンポイントで利用するといいかもしれません。

2. 第2世代抗ヒスタミン薬

第1世代に代わって最近主流になっているのが、第2世代抗ヒスタミン薬です。

第1世代に比べて、口のかわきや利尿作用などの副作用は改善されています。

現在市販されている点鼻薬の成分「ケトチフェンフマル酸塩」は、眠気の副作用が改善されていません。

「眠気の改善」と紹介されることの多い第2世代抗ヒスタミン薬ですが、実はあまり変わりがありません。

代表的な商品を紹介しておきますが、残念ながらあまりオススメできません。

3. 血管収縮剤

市販されている多くの点鼻薬が血管収縮剤が発売されています。

血管収縮剤は、非常に即効性が高く、鼻水、鼻づまり、くしゃみのすべてに効果の高い種類の薬です。

短期間で結果を出したい製薬会社も、血管収縮剤の薬ばかり出したがるのもわかります。

欠点として、長期的に使い続けるとリバウンドして、さらに症状が悪化してしまうことがあるので注意しましょう。

用法容量を守って、利用は2週間以内に留めるなど気を付ける必要があります。

短期的な即効性を求めるのであれば、一番適した点鼻薬です。

血管収縮剤に分類される市販薬にはパブロン点鼻などがあります。

4. ステロイド剤

「ステロイド」と聞くと副作用が心配になるかもしれません。

点鼻薬のステロイドは正しく服用することで、即効性が期待できます。

飲み薬のステロイドに比べても安全性が高く、効果を発揮することができるでしょう。

即効性や症状をおさえる効果も血管収縮剤に劣らないため、今回紹介する点鼻薬の中でも最もオススメできる薬です。

コンタック鼻炎スプレーナザールaARなどがあります。

成分はまったく同じなので、発送までの期間などを目安に選ばれるといいと思います。

まとめ

以上、市販の点鼻薬を4種類に分けて紹介しました。

結論としては、副作用のリスクも少なく、鼻水、鼻づまり、くしゃみのすべてに有効なステロイドの点鼻薬が最もオススメです。

トップへ