下痢の原因とオススメの市販薬

下痢

突然やってくる下痢の症状。

周囲の人が連想する「おなかが痛い」というイメージ以上に本人からすると辛い症状ですよね。

液状またはそれに近い状態は「下痢便」、通常より柔らかい状態を「軟便」と呼びます。

病院の診察において、症状を伝えるときに使い分けられるようにしましょう。

それでは、まずは下痢の原因から見ていきましょう。

主な下痢の原因

下痢の主な原因を紹介していきます。思い当たるものがないかチェックしてみてください。

  • 冷たいものを食べ過ぎた、飲み過ぎた
  • 賞味期限切れの食品を食べた
  • 調理後、時間の経過した食品を食べた
  • 脂肪分を含む食品を食べ過ぎた
  • 身体の冷え(冬場や冷房のかけ過ぎ)
  • 過度の精神的なストレス

下痢の対策

食べ物の改善

当たり前のことですが、冷たいものは避けて、温かい食事をとりましょう。脂っこいものやアルコールは控えるようにしたいものです。

水分補給

下痢のときは通常に比べて水分が失われています。

脱水症状に気をつけて、ぬるま湯やお茶、みそ汁などで水分補給をするようにしましょう。

おなかを温める

下痢は腸が異常な状態になっています。

休ませると同時におなかを温めましょう。

手軽におこなえる方法として、カイロをあてがったり、腹巻きをしてみましょう。

長めに入浴することも効果的です。

病院での受診

数日経ってもよくならない場合は、病院を受診し診察してもらいましょう。

 

下痢にオススメの市販薬

水のいらない薬なので場所を選ばずに素早く飲むことができるストッパエルです。

効き目の速さも売りなので、電車の中などで本当に困ったときのために持っておきたい薬です。

ストッパの上位製品ストッパエルにはシャクヤク乾燥エキスという胃腸の痛みに効く成分が加わっています。

値段はほとんど変わらないのでストッパエルの方がよりオススメですね。

トップへ