【ピリン系】イソプロピルアンチピリンの副作用と市販薬

man_doctor_point_s

イソプロピルアンチピリンは、ピリン系に分類されます。

元々は処方薬として実績のあった薬を市販薬として販売するスイッチOTCなので、安心感の高い成分です。

副作用や市販薬の紹介を行っていきます。

ピリン系の副作用

ピリン系の薬には、アレルギーによる発疹(ピリン疹)が発生する頻度の高い薬として有名です。

イソプロピルアンチピリンは、ピリン系の薬でも比較的副作用リスクの低い薬です。ただし、リスクがゼロではないので、アレルギー体質の人は注意が必要です。

ピリン系では唯一、市販薬や処方薬で利用されている成分です。

誤解されることがありますが、バファリンAに含まれる「アスピリン」はピリン系の薬ではありません。

参考:アスピリン配合の市販薬の種類

イソプロピルアンチピリン配合の市販薬

イソプロピルアンチピリンを配合した市販薬には、セデスハイ、サリドン、セミドン、リングルAPなどがあります。

他の痛み止め成分と比べると市販薬の種類は多くありませんが、セデスハイは今でも人気の高い市販薬ですね。

商品名 1回あたりの成分と量
セデスハイ(塩野義製薬) イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
サリドンWi
(第一三共ヘルスケア)
イソプロピルアンチピリン150mg
イブプロフェン50mg
無水カフェイン50mg
サリドンエース
(第一三共ヘルスケア)
 イソプロピルアンチピリン 150mg
エテンザミド 250mg
無水カフェイン 50mg
セミドン顆粒(全薬工業) イソプロピルアンチピリン150mg
アセトアミノフェン250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
無水カフェイン50mg
カンゾウエキス150mg
リングルAP(佐藤製薬) イソプロピルアンチピリン150mg
エテンザミド250mg
合成ヒドロタルサイト360mg
カフェイン50mg

イソプロピルアンチピリンは単体では使われずに、他の鎮痛成分であるアセトアミノフェンやイブプロフェンと一緒に配合されています。

イソプロピルアンチピリン配合の処方薬

処方薬には、「クリアミン配合錠S」や「SG配合顆粒」があります。

イソプロピルアンチピリンの効果

作用

イソプロピルアンチピリンは、NSAIDsに分類される成分で、イブプロフェン、ロキソプロフェン、アスピリンなどと同じ作用をもちます。

痛みの原因物質プロスタグランジンを抑制することで、痛みを感じにくくなります。

痛み止めの効果としては、アスピリンやアセトアミノフェンよりは強く、ロキソプロフェンよりは弱いという位置づけです。

作用の持続時間

およそ4時間

効能

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・神経痛・腰痛・外傷痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・
耳痛・関節痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

まとめ

ピリン系には、発疹の副作用があるためか現在は利用されるケースは少なくなっています。

積極的にイソプロピルアンチピリンの市販薬を利用する機会は、少ないかもしれません。

イソプロピルアンチピリン配合の処方薬を服用していた過去があり相性が良かったなどの場合は、利用してみてもいいかもしれません。

 

トップへ