歯痛に効果的な痛み止め オススメ4選

虫歯の少年

歯痛は全身の痛みの中でも、強烈な痛みの一つです。外出時や寝るときなど、常に痛みのことが頭から離れないこともあります。

歯科の受診が最適ですが、一時的な対処としては市販薬を検討してもいいでしょう。

それでは、歯痛に効果的な市販薬を3つのタイプに分けて紹介していきます。

歯の痛いところにぬる薬

主に虫歯による痛みをおさえる薬を紹介します。 痛み止めの市販薬は、たくさんの製品が販売されていますが、ほとんどが全身の痛みに有効な薬です。

全身の痛み止めのデメリットは、正常な機能まで低下させてしまうことにあります。

結果、胃があれてしまうなどの副作用が生じてしまいます。

歯に直接ぬるタイプで、副作用の少ない歯痛専用の痛み止めを2つ見ていきましょう。

※2つとも、歯茎にはぬれません。歯茎の痛み止めは、次に紹介する「歯茎の痛みにぬる薬」をご覧下さい。

新今治水(液状タイプ)

今治水(コンジスイ)は、歯痛の定番ともいえる市販薬です。

新今治水は、液状タイプの薬です。 特に虫歯に対する痛み止めに有効で、メーカーサイトによると 90%の人が2分以内に鎮痛効果が表れる ようです。

子供、お年寄り、妊娠中の方も安心して利用できる特徴があります。

唯一気になる点は、使い方に難があるところです。 付属のピンセットと綿に、液体をしみこませて、歯の痛いところにつけます。 利用場所が自宅であれば問題ないでしょうが、次に紹介するコンジスイQの方がゲル状で、使いやすいかもしれません。

コンジスイQ(ゲル状)

コンジスイQはゲル状の薬です。

新今治水と同じく、歯痛に効果的な成分を使っており、虫歯に対する痛みをおさえます。

綿棒を使ってぬることができるので、新今治水に比べて外出時にも使いやすいでしょう。成分こそ違いますが、新今治水と同等の効果が期待できます。

また、ゲル状なので幹部に有効成分がとどまりやすく、液状の新今治水より持続時間が長い特徴があります。

効果、即効性、持続時間の3拍子がそろった製品で、大阪歯科大学の教授によって、有効性が立証されています。

 

持続時間について、メーカーサイトにも記載がないため、問い合わせてみました。

新今次水、コンジスイQともに、個人差があるため、正確な時間は公表していないようです。 飲み薬のように、回数制限がないので、痛みが再発する度にぬって問題ないとのことでした。

 

主成分であるカンフル、フェノールの副作用として、発疹・発赤、かゆみといった症状があります。

通常は肌に塗る薬のときにおこる症状ですが、万が一副作用が現れた場合、医師に相談しましょう。

歯茎の痛みにぬる薬

歯茎のはれや、赤み、出血に有効な市販薬が、デントヘルスRです。

歯痛に特化した市販薬も珍しいですが、歯茎の痛みに特化した薬もさらに珍しいかもしれません。

上で紹介した今治水は、歯茎の痛みには使うことができません。症状にあわせて、適切な市販薬を選ぶようにしましょう。

歯痛に効果的な飲み薬

市販の傷み止めで、もっとも効果が高いといわれるのがロキソニンSです。

歯痛に特化した製品ではありませんが、外出時の急な痛みにも対応することができます。

家では上で紹介したぬり薬、外出時にはロキソニンSという使い方を検討してもいいかもしれません。

 

ロキソニンSは胃痛の副作用が弱い傾向にありますが、必ず水などと一緒に服用するようにしましょう。

ロキソニンSについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

歯痛
ロキソニンSは歯痛に効果ある?
続きを読む

 

水なしで飲むことのできる痛み止め

歯痛のときは歯がしみるため、冷たい水などを飲むことに抵抗があるかもしれません。

そんな方には、水なしでのむことのできるケロリンチュアブルがおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか?

とくに虫歯が原因の場合、虫歯の原因を根本から治すわけではないので、注意が必要です。

市販薬で痛みをおさえて、根本治療は歯科を受診するといいでしょう。

また、受診したときには、必ずどの薬を使用したか医師に伝えるようにしましょう。

トップへ