Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/snaflot/medicine-helper.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

偏頭痛に効果的な市販薬は?

頭痛の女性1

頭痛には、偏頭痛と緊張型頭痛の2種類がありますが、より強い痛みをともなうのが偏頭痛の特徴です。頭痛は突然やってくるので、病院に行くのでなく市販薬ですませたくなってしまいます。

市販薬によって、偏頭痛の痛みをおさえることはできるのでしょうか。

偏頭痛に効果的な市販薬は?

残念ながら、市販の頭痛薬や痛み止めは、緊張型頭痛にはほとんど効果がありません。

市販薬が効かない理由

市販の痛み止めは、NSAIDsという種類の薬が大半で、そのメカニズムは痛みの要因を直接取り除くわけではないため、偏頭痛のような血管の拡張と炎症による痛みには効果が期待できません。

偏頭痛に効果的な処方薬

偏頭痛に効果的な処方薬には、トリプタン系の薬があります。中でも現在よく処方されるのが、イミグランです。

イミグランは、血管を収縮させて炎症を抑えることによって、偏頭痛の痛みの根本を取り除きます。

ただし、偏頭痛は周期的に訪れるため、偏頭痛が完全に起こらなくなるわけではありません。

偏頭痛の処方薬には、トリプタン系の他にエルゴタミンという歴史のある薬があります。トリプタン系を処方できない方に処方されるケースがあるようです。

イミグランは予防薬ではない

トリプタン系の薬は、予防薬ではありません。事前に飲むことで、偏頭痛の発生をなくすのでなく、起こってから飲みます。

特に頭痛の起こり始めに飲むと、効果的に作用します。

トリプタン系の薬が服用できない人

  • 15歳未満の子供
  • 心臓の悪い方、過去に大きな病気を患らったことがある
  • 別の処方薬を飲んでいる

※実際には自己判断するのでなく、専門医の指示に従うようにしましょう。

まとめ

  • 偏頭痛には、市販薬はあまり有効ではない
  • 偏頭痛の処方薬は痛みの根本に作用する
  • 病院を受診することが最適
トップへ